認知症 種類 症状 原因 予防

認知症の種類と症状、原因について

 現在、高齢化が進んでいる日本では、認知症で悩んでいる人が多いのではないでしょうか。
 認知症は本人もそうですが、周りで世話をする人達にも大きな負担がかかってくるのが実情です。

 

 家庭内で認知症の家族を抱えて一人で苦労されている方も多いようです。
 介護サービスなどを上手に利用できればいいのですが、受け皿となる施設自体が充分にあるとは言えないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 このサイトでは、認知症の様々な症状とその原因、予防法や対処法などについて、わかりやすくご紹介していきます。

 

認知症って何?

 認知症とは、様々な原因で脳の細胞が死滅したり、機能しなくなることで色々な障害が生じ、日常生活に支障がでる状態を言います。
 日本国内には65歳以上の高齢者で認知症を発症している人は、2012年時点で約460万人いるとされています。
 厚生労働省によると、2025年には700万人を超えると算出されており、65歳以上の5人に1人が認知症となる計算です。

 

認知症の種類は?

 認知症には、主に4つの種類があります。
 認知症全体に占める割合としては、約6割がアルツハイマー型、約2割が脳血管型と言われています。

アルツハイマー型
脳血管型
レビー小体型
前頭側頭型

 

スポンサーリンク
 

 

認知症の原因は?

 種類の認知症についての原因は、以下のようになっています。

アルツハイマー型

 アルツハイマー型認知症では、脳にアミロイドベータと呼ばれるタンパク質が蓄積して正常な脳細胞にダメージを与えて、脳が萎縮することにより発症します。
 しかし、なぜアミロイドベータが脳に蓄積するのかについては、まだ解明されていません。

 

 今までの研究では、発症には年齢や遺伝による影響があることが分かっていました。
 最近の研究によると、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の人もアルツハイマー型認知症になりやすいことが分かってきました。
 このタイプの認知症の予防や改善には、生活習慣病の改善が大切となります。

 

脳血管型

 脳血管性認知症は、脳梗塞や脳出血などの障害によって脳自体の機能が失われていくことで発症します。
 このタイプの認知症も、糖尿病や高血圧などの生活習慣病に注意が必要になります。

 

レビー小体型

 レビー小体型認知症は、脳にレビー小体と呼ばれるタンパク質が蓄積して、脳が萎縮することにより発症します。
 しかし、なぜレビー小体が脳に蓄積するのかついては、まだ解明されていません。
 このため、予防することは難しいのが実情です。
 また、このタンパク質はパーキンソン病を引き起こす原因にもなっており、認知症を伴なったパーキンソン病がレビー小体型認知症ということが明らかになってきています。

 

前頭側頭型

 前頭側頭型認知症は、老化により発症する認知症です。
 TDP-43やピック球というタンパク質が脳に蓄積して発症するようになります。
 これについても原因がよく分かっていないので、予防することが難しいです。

 

 次はこちらの記事です。
 認知症の検査!その種類と費用は?

 

スポンサーリンク

 

この記事は、気に入っていただけましたでしょうか?

少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。